狂乱悶絶映画伝

これでも、一応「なんちゃって(←死語ですな)ジャーナリスト」ですから、これからやりたい企画などを、勝手気ままに書いてみようと思います。よろしくね。

プロフィール

ヤノシゲユキ

Author:ヤノシゲユキ
職業は、自分で名乗った訳ではありませんが、一応「ジャーナリスト」です。しかし、ただいま、開店休業中です。その上、気がつけば、不惑の年齢に。何とかならないでしょうかねぇ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/02 16:43|勝手気ままな日記TB:0CM:9
 一ヶ月のごぶさたです。何かと忙しいのです。遊ぶのに。

 まあ、仕事の性格上、一ヶ月のうち、10日あまりはフリーなんですけども、この予定がまったく埋まらないため、勝手にリサーチと称して、図書館や博物館、映画館などに行っているわけです。

 しかし、何かとメインの収入源である仕事がなれないこともあって、例えば企画書を書こうとか、そういう気はなかなか起きないもので、ホンマにあきまへん。

 さて、先日は『ブレードランナー ファイナルカット版』というのを観てきました。最初に、この映画を観たのは、確か高校生で、地元の映画館で『ファイヤーフォックス』との2本立てでしたから、かれこれ20年前です。その間に、いわゆる名画座などで、すれきれフィルムに傷のついたプリントを何度も観ましたし、10年ほど前にはいわゆる『ディレクターズカット版』も観ました。そのうえでビデオでも何度も観ました。それぐらい好きな作品です。

 それだけ観てあきないのは、たぶん『ブレードランナー』のビジュアルにあるのでしょう。絶えず酸性雨が降る2019年のロサンゼルスは、それ以前に映画やテレビなどで描かれた明るい未来とは一線を描く、どんよりと暗いもので、その後の映画にかなりの影響を与えたと思います。その中に、見え隠れする多くの情報があり、繰り返し観るたびに新たな発見があるのです。

 だから、たぶん『ディレクターズカット版』以降に、監督本人が言及しているように「デッカードはレプリカントなのだ」というテーマ的な部分は、個人的にはどうでもいいことなのです。まあ、この発言自体は、新たなバージョンを商業的に成功させたいというリドリー・スコット監督自身のリップサービスから出た話なんでしょうけども、2ちゃんねるの掲示板とかを見ると、かなり踊らされているという気分にもなりました。

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2007/10/21 22:16|勝手気ままな日記TB:0CM:0
 まあ、山形国際ドキュメンタリー映画祭に行った訳だ。
 少し、金を切り詰めたため、行き帰りはバス。これはこたえた。四十にもなって、深夜バスはかなりしんどい。もし、次回、行くならば、飛行機にしようと思う。ただ、ひとつだけ、良かったのは、朝、山形に着いた足で、蔵王温泉に行ったこと。これはよかった。朝風呂に一人きりで一時間あまり。こういう楽しみもなければね。

 ということで、山形国際ドキュメンタリー映画祭。前回は、在日特集があり、おりしも「日本人拉致」など、その方面に目が向いていたため、後々にかなりの収穫があった。

 しかし、今回は、これといって観たいものがなかった。それでも、無理して行ったのは、今年で山形が最後かもしれないという噂を聞いたからだ。もちろん、そんなことはないということは、現地に着いてからわかった訳だが、それでもかなり深刻な部分もありそうだ。
 


▽続きを読む▽
2007/10/14 00:53|勝手気ままな日記TB:0CM:1
 参りました。本当に。
 先日、山形に行ったら、知り合いの人に「ブログを辞めたのか」と叱責されてしまって…。
 そのうえ、「お互いに忙しいからねぇ~」なんて、一ヶ月前に話していた人も、ブログを再開。
 少し、ここいらで気持を入れ替えます。
 さて、ここ半年ばかりのことを言えば、2月に営業をしたかいがあって、なんちゃってジャーナリストも卒業かと、気合を入れて、新書向けの企画書を作ったりしていたのですが、ものの見事に撃沈。本業はうまくいかぬとも、まあまあ副業(というか主な収入源)はうまくいっているのですが、やはり今までとは勝手がちがう部分があった、どうも全般的にモチベーションが下がっていた。
 というあたりが、言い訳。
 しかし、本の身近で新聞をにぎわすような事件が起こったもので、そのこともついつい調べてみようかとも思っていたりもするのだから、結局、逃げていたのかもしれないや。
2007/02/12 00:56|勝手気ままな日記TB:0CM:0
 一ヶ月半のご無沙汰です。何となく気まずいですが、さらさらと進めて行きます。

 言い訳をすれば、まあ少し忙しかった訳です。身辺雑記でもという言葉もあるのですが、何ともはやです。友人の青山彰吾さんの更新が滞っています。この前は電話でお互いのなさけなさを語り合いました。

 それはさておき、最近、ハマっていることといえば、ウルトラマンです。最新作に兄弟が次々と客演しています。さすがに、劇場版は観ませんでしたが、よわい60~70歳代の当時の役者さんが再び変身しています。

 もともと、特撮ものは好きな方で、世代的にいえば、仮面ライダー(第1話をリアルタイムで観ています)とか、ウルトラマンなどに、人生を教えられたといっても過言ではありません。

 今でも、わがDVDコレクションの中には『ガス人間第1号』や『美女と液体人間』などがあり、つい昨日、中古でウルトラQのボックスを衝動買いしてしまいました。

▽続きを読む▽
2007/01/05 23:02|勝手気ままな日記TB:0CM:0
なんとなく寝正月を気取っていたら、昨日、急激な腹痛。病名がはっきりせずに、病院を二軒はしごした結果、「尿路結石」と判明した。

 診察の前、泌尿器科の受付で、「ガンが発見された場合は、告知されますか」というアンケートがあり、おそるおそる○を付けた。もうそういう年齢なのだと、改めて実感。

 しかし、下半身の病気だけに、なんとも情けない状況。パンツをずり下げられ、看護婦さんに肛門を広げられて、そこから座薬を押し込められるし、泌尿器の検査では、おっちゃんの医師に、何気にきんたまを握られた…きっと睾丸ガンの触診だったのだろうが…もしかして…。

 どちらにしても、たいしたことがなくて、よかった。

 ということで、本日の仕事始めを休み、これでかれこれ10日余りの休暇。それにも係らず、たった10枚の原稿が一枚も書けていない…。

 明日はがんばろう…。

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク











Copyright(C) 2006 狂乱悶絶映画伝 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。